腰痛・膝痛・肩こりのことなら、静岡県浜松市磐田市の接骨院ライズにお任せください。

ライズトップ画像

お問い合わせ

ランナー膝

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

ランナー膝はランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称で、さまざまな症状が含まれます。今回は、その中でもランナーにもっとも多い腸脛靭帯炎をご紹介します。

腸脛靭帯とは太ももの外側(足の小指側)にある靭帯です。
その靭帯が膝の屈伸運動を繰り返すことによって膝の外側にある突起部(大腿外顆)と繰り返し接触して炎症を起こし、疼痛が発生するものを腸脛靭帯炎といいます。

原因

多くはオーバーユースです。長時間のランニングと柔軟性不足(ウォームアップ不足)、扁平足などの足の問題、ランニングフォームなど原因は多くあります。

 

症状

運動時痛:主にランニング時に太ももの外側に痛みがでます。

      他にも階段昇降時、坂道を下る際に膝に痛みが出ます。

どうすればいいの?

股関節周囲のストレッチ、筋力強化、ランニングフォームの改良などが必要になります。

足の問題が大きい場合はインソール(中敷き)を変えたりする事が大切です。

浜松市の腰と膝の治療院RISE

磐田市の腰と膝の治療院RISE