腰痛・膝痛・肩こりのことなら、静岡県浜松市磐田市の接骨院ライズにお任せください。

ライズトップ画像

お問い合わせ

ジャンパーズニー

ジャンプ動作が要求される、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、陸上競技(ジャンプ選手)などの競技で膝の酷使すると発症します。

原因

ジャンプを多用する競技で太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が繰り返し、使われる事でお皿の下の靭帯部(膝蓋靭帯)にストレスが加わり続ける事で脛の所に痛みがでます。

 

症状

圧痛:脛の前面上部に圧痛がでます。

 

運動時痛:膝を伸ばす動作や、ジャンプ動作、ダッシュ動作で痛みが出やすいです。

 

*症状によって膝蓋靭帯部の損傷レベルが判断できます

 

損傷レベル1 スポーツ活動後に痛みがあるが、スポーツ活動に支障なし。

 

損傷レベル2 スポーツ活動中、活動後に痛みが出るが、スポーツ活動に支障なし。

 

損傷レベル3 常に痛みがありスポーツ活動に支障をきたす。

 

損傷レベル4 腱断裂 日常生活に支障をきたす。

 

どうすればいいの?

損傷レベルによって変わりますが、1、2、3ではスポーツ活動のコントロールを行い、アイシングや股関節周囲の筋肉のストレッチを行う事が必要になっていきます。

損傷レベル4では手術を行う事もあります。

浜松市の腰と膝の治療院RISE

磐田市の腰と膝の治療院RISE