腰痛・膝痛のことなら、静岡県浜松市磐田市の接骨院ライズにお任せください。

ライズトップ画像

お問い合わせ

変形性膝関節症

どんな病気か

60歳以上の方では人口の80%以上の方に変形性膝関節症が見られ、そのうち40%の方が症状を呈し、10%の方が日常生活に支障をきたしているといわれています。

 

原因

老化による関節軟骨の減少などによる一次性と靭帯損傷や半月板損傷、また、痛風などにより生じる二次性のものがあります。

 

症状

朝のこわばり感や、歩き始め、階段の昇降、長時間の歩行などに痛みが起こります。

 変形が進行するにつれて動きが制限され、正座や膝を完全に伸ばすことができなくなり、痛みや歩行障害も加わって徐々に日常生活が制限されてきます。また、O脚やX脚といった変形が進行することがあります。

膝の後ろにベーカー嚢腫を合併したりすることがあります。