腰痛・膝痛・肩こりのことなら、静岡県浜松市磐田市の接骨院ライズにお任せください。

ライズトップ画像

お問い合わせ

腰椎分離&すべり症

☆分離症

まず腰椎とは背骨を構成する椎骨が5つ積み重なってできたものです。 

腰椎の前方部分は椎体(ついたい)、後方の部分は椎弓(ついきゅう)と呼ばれます。椎体と椎弓の間には椎弓(ついきゅう)があります。椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」といいます。

 

 

☆すべり症

すべり症は腰骨(腰椎)が正常な位置から前方に滑っている状態です。

 

腰椎は背骨を構成する椎骨が5つ積み重なってできたもので

積み重なりながらも正常な位置からずれないように靭帯などで補強しています。

 

ですが何らからの原因で補強機能が働かなくなり、腰椎の1つが前方にずれたものがすべり症です。

 

さきほど説明した分離症と合併したものが分離すべり症といわれます。

〇原因

原因の大部分は過度な運動による腰へのストレスです。

骨がまだ発達してない思春期に過度なストレスが腰に加わると発症するといわれています。高校生に以降ではほとんど発症しません。

 

 

〇症状

①腰痛;主に運動開始時に痛みます。あるいは運動時に腰痛が増強、お尻にも痛みが発生する場合もあります。

無症状の事もあり発見が、発症してから数年後という事もあります。

 

②下肢痛;主に分離症、すべり症と、分離症が合併した分離すべり症で発生します。

症状が強いものだと、下肢に強い痺れが見られ、歩行に問題をきたす事があります。

浜松市の腰と膝の治療院RISE

磐田市の腰と膝の治療院RISE